ふるさと納税を活用して日本をいきいきさせよう

田舎

新たな制度

食材

何かと話題を集めている「ふるさと納税」は、個人で申し込む制度です。企業からもふるさと納税を行なうこと自体は可能です。企業がふるさと納税を行なった場合、デメリットがあります。大幅な税控除は受けられないことと、お礼の品が受け取りにくいことです。個人がふるさと納税をしたときより、寄附金の多くが還付、減額はされません。また、企業からの寄附に対してお礼をするかどうかは、各自治体で変わってきます。法人税がかかり納税額が増えてしまうという点もあります。これまで個人が対象であったふるさと納税を企業向けに行なおうとした動きがあります。企業版ふるさと納税を導入することで、様々なメリットが生まれます。一つ目のメリットとして、法人住民税の控除が挙げられます。企業版ふるさと納税に寄附したとき、金額の最大30%が法人住民税から控除されます。ただの寄附とは違い、企業の負担が大きく減ります。企業版ふるさと納税によって任意の自治体を応援できるようになります。二つ目のメリットとして、寄附を受けた自治体は寄附した企業へ公共施設等の優待券などのお礼をすることができます。注意点として、寄附の見返りを求める行為や営業を行なうことは、企業としてよくない行為とみなされます。企業版ふるさと納税を利用する際には、こうした行為ととられないように注意しましょう。企業版ふるさと納税は、地方自治体を支援することにより、地方の財政危機を救うことに繋がります。今後導入された場合、活用してみてはいかがでしょうか。